「直すのが楽しくてしょうがない」コンクリートポンプ車の電気系統を担当する社員にインタビュー!

コンクリートポンプ車 ポンプマン

こんにちは!小澤総業グループのポンプマン株式会社です。弊社ではコンクリートポンプ車を専門に中古車の高価買い取り・販売、購入希望のユーザーとのマッチングを手がけています。

ポンプマンが扱うコンクリートポンプ車は販売前にしっかり整備・塗装を施しているのが強みです。古い部品は新しいものに交換しますし、塗装もプロがしっかりと仕上げた状態でお渡ししています。そのため、オークションサイトで購入するよりも高品質なコンクリートポンプ車に乗っていただくことができるのです。

本日はコンクリートポンプ車の電気系統の修理を手がけている田中にインタビューを行いました。これまでの経歴や、仕事に対する思い、社内の様子についてお話をしていきます。

 

コンクリートポンプ車を扱う圧送工の魅力が忘れられなかった

ポンプマンにて、車の電気系統の修理や、カーナビの取り付け、それ以外の車の電気に関する業務全般を担当している田中です。今年で24歳です。

私は高校を卒業してから、まず生コンクリートの圧送工の作業員になりました。そこから水道屋に転職し、実家のペンキ屋を手伝い、そのあと電装の仕事を始めています。これまでに多くの仕事を経験しました。電装の会社に就職したのはおよそ2年前のことです。その会社で電気について多くのことを学びました。

そこから電装の仕事を退職し、車の電気に関する構造の知識を活かして個人で仕事を始めました。お客様は運送屋が多かったです。個人事業主として、デジタルタコグラフやドライブレコーダーをトラックに設置していました。その後、ポンプマンに就職しています。

ポンプマンで働くことになったきっかけは、昔働いていたポンプ屋の先輩が小澤総業を教えてくださったからです。その当時、いろんな職を転々としましたが、圧送工という仕事の楽しさが忘れられませんでした。「自分が流した生コンクリートで、こんなに大きな建物が作れるんだ」という喜びですね。給料面もよかったですが、一番はそこのやりがいの部分でした。

それで電装の仕事をしていたのですが、昔働いていたポンプ屋の先輩に「圧送工に戻りたい。コンクリートポンプ車にもう一度乗りたい」と相談をしたら小澤総業を教えていただき、直通LINEで会長に連絡をしたら、電装屋だったことを見込まれてポンプマンに採用していただきました。

 

ポンプマンに入社して、自分の仕事を喜んでもらえる嬉しさを知った

結果的に圧送工としてではなく、ポンプマンでは電装の仕事をしていますが、電装の仕事がポンプマンで必要とされていることに、最初はびっくりしましたね。それで最初に「車のバックのランプがつかない」という依頼があったので私が直すことになったのですが、車の構造部分をどんどん探っていった結果、部品二つに原因があることに気づいたのです。それぞれが、本来接続しないといけない場所の逆の場所に接続されていました。

その原因を探り当て、直してみると、無事に電気がついたのですが、みなさんが本当に嬉しそうに「すごい!」「ありがとう!」と言ってくださったのが忘れられませんでした。

私は人見知りなので、最初はポンプマンに馴染めるか、入社当初はとても不安でした。ですがポンプマンや小澤総業は会長や社長が明るいこともあって、社内の雰囲気が非常に明るいのです。常にワイワイやっているので、自分でもすぐに溶け込めましたし、何かを発言しなくてもいいので非常に居心地がいいと思います。

コンクリートポンプ車の電装の仕事に関しても、これまでは電装の職人に囲まれていたので、自分の仕事は「できて当然だ」という気持ちが強かったのですが、ポンプマンではコンクリートポンプ車の電気系統をどう直せばいいか、誰もわからない。

だから、私が何かを直したとき、みなさんが興味深そうに質問をしてきてくださったり、素直に「ありがとう」と言ってくださったりする。自分の仕事で誰かが喜んでくれる。そのことにとてもやりがいを感じています。

 

ポンプステーションの工事長のようにコンクリートポンプ車の整備のプロになりたい

板金整備工場「ポンプステーション」の後藤工場長は板金塗装のプロです。どんなにボコボコの車であってもきれいに修理するので本当にすごいと思います。厳しそうな見た目なのに、明るくて優しいですし。気さくに話しかけてくださる。それに、周囲を見ていないようでしっかり見ていらっしゃいます。

工事長は先を読み、常に段取りを組んで効率よく作業をされます。だから、部下の私たちがやらないといけないことも、積極的にやってらっしゃる。修理に関しても、細かいところを見ていて、誰も気づかないところに気付く。そういうところを見習っていきたいと思っています。部下にも本当に優しく指導されますし、わかりやすい。教育の上手い人だと思います。

私は、電装の仕事の魅力とは電気がつかないものを自分の力で直すことができるところに魅力があると思っています。車やバイクをいじるのが好きなので、いつまでもやっていられます。間違い探しのように感じられて、それが楽しくて仕方がないんです。自分の好きなことで多くの方に喜んでいただけるよう、これからも仕事に誇りを持って取り組んでいきたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?私たちは、お客様に最上のコンクリートポンプ車をお届けできるよう、仕事にこだわり抜いています。

これからもより素晴らしいコンクリートポンプ車をお届けできるよう、精進してまいります。

中古コンクリートポンプ車は、ぜひポンプマンでお買い求めください。修理のご相談にも喜んで対応いたします。

車輌の購入をご希望の方は、下記よりお気軽にお問い合わせください

お電話(0428-31-3330)でのお問い合わせも受け付けております。

お問い合わせ

中古車問合せ
専用LINE

中古車問合せ専用LINE

部品問合せ
専用LINE

部品問合せ専用LINE