【事例】コンクリートポンプ車全塗装はポンプマンが美しく仕上げます。トラックとは異なる全塗装技術!

こんにちは、コンクリートポンプ車専門マッチングサービス及びポンプ車販売・修理・板金塗装でおなじみのポンプマンです。

本日はコンクリートポンプ車の「全塗装」についてお知らせします。

精密な建設機械でもあるコンクリートポンプ車は、お客様が全塗装をご検討されるキッカケが普通の車やトラックと異なります。
 
まず経年劣化の他、中古のコンクリートポンプ車に前の会社のロゴが入っていれば塗り直さなくてはなりません。
またコンクリートポンプ車は経年劣化に加え生コンが飛散、油膜なども確認できるため、塗装の過程の念入りな「洗浄」を期待されているお客様もいらっしゃいます。
 
新しく会社のカラーに塗装し直すことや綺麗な全塗装を施すことで職人のモチベーションのアップを目的がありますし、汚れを落とすことでコンクリートポンプ車自体のパフォーマンスアップも期待できるため、コンクリートポンプ車の全塗装は重要なメンテナンスのひとつでもあります。
 
コンクリートポンプ車の全塗装に関する大きな課題は……
頼める会社がそもそも少なすぎる。
ことです。

トラックの全塗装とコンクリートポンプ車の全塗装ではワケが違う

コンクリートポンプ車の全塗装をお願いできる会社が少ない理由は、普通のトラックと違ってコンクリートポンプ車は”精密機械”であるから。
コンクリートポンプ車の全塗装には塗装の知識以上に、コンクリートポンプ車への知識が必要であるのです。
 
まずコンクリートポンプ車も「ピストン式」に「スクイーズ式」など種類が存在します。
その上で「キャビン」や「ポンプデッキ」と、潤滑な動きが求められる「ブームの関節部分」など部分によって塗料の量を変えなくてはなりません。
更には「コンクリートピストン」や「シリンダ」は塗装をしてしまうと満足な稼働が出来なくなってしまうことなども常識です。
 
知識がないままにコンクリートポンプ車に塗装を施してしまうことは、長年の作業に伴う生コン汚れや油膜などを一掃しきれないばかりか、不具合を起こす危険すら持っているのです。

コンクリートポンプ車のプロが全塗装する安心感

弊社ポンプマンは中古コンクリートポンプ車をパーツごとに解体、修理やメンテナンスを行える技術と知識を持っているため、安心して全塗装をお任せしていただくことが出来ます。
 
各パーツや性能、現場でコンクリートポンプ車がどう動いているのかも熟知できているので、パーツごとに適した”塗り分け”も得意としておりますし、どう塗装すればコンクリートポンプ車が一番輝くことが出来るのかも頭に入っています。
 
また、全塗装を行う途中「パーツの交換が必要とされる箇所、塗装で補える箇所」も明確にしてご報告させていただきます。
 
コンクリートポンプ車は建設機械の中でも特に複雑な構造になっているため、交換を必要としない「凹み」や「傷」であっても(修理業者が『よくわからない』ことを理由に)問答無用で交換を推奨されることも少なくありません。
 
パーツの交換と塗装では、金額がまるで変わってきます。
弊社に全塗装をご依頼していただくことは、そのままコンクリートポンプ車の現状を細かに把握できることにも繋がります。
 
先ほど『全塗装もメンテナンス』と申し上げましたが、弊社に全塗装をお任せしていただければ、受け渡し時には新品の稼働性を取り戻すことだってあります。

道具の一部をご紹介

それではコンクリートポンプ車を塗装するための道具の一部を簡単にご紹介させていただきます。
 
塗装を施す前に、下地を整えるのは「サンディングペーパー」です。



箇所や汚れ、塗布される塗料の量などを計算に入れた上で、細かく目の”荒さ”を微調整し、慎重に研磨を行う道具です。
 
実際の塗装に用いられるのは「スプレーガン」です。



塗装を施す箇所によって塗料の量は細かく見定める必要があるため、”g”単位で塗料を測って塗装に挑む必要があります。
 
車体が大きなコンクリートポンプ車に対し、使われている道具は地味に思えるかもしれません。
しかし、このこと自体細かな職人技が求められることの証明でもあります。
 
ポンプステーションは夏であってもヒーターを強く焚いているのですが、これは塗料の中の気圧までも調節するためです。
 
コンクリートポンプ車の全塗装にはどこまでも繊細な作業が求められていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

15年、走行距離16万kmのミニポンプ車が生まれ変わる!

それでは、実際に弊社で全塗装を行った例をご紹介します。

【 Before 】


【 After 】



どうでしょうか、15年の汚れを落としたコンクリートポンプ車は、”新品同様”と言っても過言ではありません。
まるで別の新しいコンクリートポンプ車のようにも見えますが、これが弊社の全塗装です!
 

他社で購入した中古車でも構いません!
まずは今のお悩みをお聞かせください!

冒頭で申し上げた通りコンクリートポンプ車の全塗装はニーズがあるにもかかわらず、行える会社がない。ことが問題です。
 
弊社は今お使いになられているコンクリートポンプ車の他、他社様でご購入された中古コンクリートポンプ車にも対応しております。
 
コンクリート打設会社にとってコンクリートポンプ車は命そのもの。
綺麗に全塗装をすることで会社までも心機一転できます。
 
ポンプステーションの見学も随時承っておりますし、まずは簡単にLINEでお悩みをお聞かせしていただく所から初めていただいても構いません。
 
コンクリートポンプ車のメンテナンス、全塗装は是非ポンプマンにお任せ下さい!もてる技術とこれまでの経験を総動員し、お客様のコンクリートポンプ車を蘇らさせていただきます!

車輌の購入をご希望の方は、下記よりお気軽にお問い合わせください

お電話(0428-31-3330)でのお問い合わせも受け付けております。

お問い合わせ

中古車問合せ
専用LINE

中古車問合せ専用LINE

部品問合せ
専用LINE

部品問合せ専用LINE