コンクリートポンプ車の仕組みとは?ポンプ車の種類も紹介します。

コンクリートポンプ車とは?

コンクリートポンプ車とは、工事現場で使われる生コンクリートを配管やポンプを使って打設現場に圧送するための自動車です。生コンクリートの輸送は、ミキサートラックが行います。
生コンクリートは、コンクリートが液体になった状態のものを言いますが、その重さは、固体になったコンクリートと変わらないほど重いです。さらに液体の生コンクリートを手で運ぼうとすると、作業はなかなか進まないうえに、重大な事故に繋がってしまう恐れもあります。しかしコンクリートポンプ車なら、ポンプの勢いを利用して、生コンクリートを安全且つスピーディーに送ることが可能なのです。

コンクリートポンプ車の仕組み

ピストン式

ピストン方式では、真空状態を使って生コンクリートを圧送します。まず、コンクリートピストンを後退させ、空いた空間に生コンクリートを吸い込ませます。その後、またピストンを前進させることで溜まった生コンクリートを押し出します。この方式は高層ビル建設など、規模の大きい土木工事現場でよく使われています。

スクイーズ式

スクイーズ方式ではローラーを使って生コンクリートを圧送します。まず、円筒状のドラムに、生コンクリートを詰めたポンピングチューブを取り付けます。そして、ローラーを起動することでそのポンピングチューブを圧迫し、ホイップクリームを出すように生コンクリートを絞り出すのです。この方式は、小規模な現場でよく使われています。

コンクリートポンプ車の種類

ブーム車

ブーム車には、折りたたみ式のブームに生コンクリートの輸送管が取り付けられたコンクリートポンプ車です。車両が浮かないように安定させるために、アウトリガーなどの装置が必要なため、作業スペースは広めに取る必要があります。ただし、その分輸送が難しい高所にも、簡単に圧送することができます。

配管車

配管車はブームなどの特殊な設備を伴わないコンクリートポンプ車です。アウトリガーなどの装置をつける必要はないので、作業スペースの確保で悩まされることは少ないです。さらに、このコンクリートポンプ車は車高が低い分高さ制限がある場所でも比較的問題なく作業を行うことが可能です。

まとめ

以上が、コンクリートポンプ車の仕組みと種類の解説になります。私たちポンプマンは、自社でコンクリート打設工事を行っています。そのため、コンクリートポンプ車に関しても、ありとあらゆる有効な知識を持っており、購入前の相談からメンテナンス、アフターケアに関してもお客様第一のサービスを行うことができます。コンクリートポンプ車の購入の検討をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせをいただければと思います。

お問い合わせはこちら

またポンプ車を扱うための資格や特別教育については、以下の記事をご参考ください。
コンクリートポンプ車を扱うために必要な資格は?修了が義務付けられている「特別教育」とは?

車輌の購入をご希望の方は、下記よりお気軽にお問い合わせください

お電話(042-519-9484)でのお問い合わせも受け付けております。

お問い合わせ
ページトップボタンへ

中古車問合せ
専用LINE

中古車問合せ専用LINE

部品問合せ
専用LINE

部品問合せ専用LINE